評判  口コミ  ロハス建材 手抜きなし


by ロハス建材八王子

<   2013年 11月 ( 14 )   > この月の画像一覧

ロハス建材

1992年にリオ・デ・ジャネイロ(ブラジル)で開催された国連環境開発会議(地球サミット)で採択された条約のひとつで、正式名称は「生物の多様性に関する条約」。翌1993年発効。この条約では、生物の多様性を「生態系」、「種」、「遺伝子」の3つのレベルで捉え、生物多様性の保全、その構成要素の持続可能な利用、遺伝資源の利用から生ずる利益の公正な配分を目的としている
[PR]
by gorira50505050 | 2013-11-15 19:50

ロハス建材

次世代のエネルギーとして水素が注目されているが、水素インフラや燃料電池に関する国際的な規制、基準を制定しようとする動きのひとつ。
米政府の提案の下で、2003年11月にワシントンで、日本・米国・欧州などの15カ国は「水素経済のためのパートナーシップ」(IPHE)を開催した。その目的は水素の研究と開発を共有し、かつ水素の節約を促進する協定に署名することである。同会議では、研究開発と関係する問題及び政策と規則、水素の商業化に基づいたエネルギー技術を議論し、今後、15カ国は、水素エネルギー利用のための規格・基準の国際統一を向けて、エネルギーや自動車などの民間企業を加えて国際間の連携をめざすこととした。
[PR]
by gorira50505050 | 2013-11-15 19:49

ロハス建材

 「里地里山」は、「新・生物多様性国家戦略」「第三次生物多様性国家戦略」において、人間活動の縮小による生物多様性保全上の危機が生じている地域の代表例とされているところであり、日本及び世界において「自然共生の智慧と伝統」をいかに把握、分析して維持回復していくかが大きな課題となっている。
[PR]
by gorira50505050 | 2013-11-13 17:25

ロハス建材

 「21世紀環境立国戦略」に示された8つの戦略のうちの「生物多様性の保全による自然の恵みの享受と継承」の中で、初めて用いられた用語。同戦略では、「我が国の自然観や社会・行政のシステムなどを自然共生の智慧と伝統を活かしつつ、現代の智慧や技術を統合した自然共生社会作りを、里地里山を例に世界に発信する。~(中略)~ 世界各地にも存在する自然共生の智慧と伝統を現代社会において再興し、さらに発展させて活用することを『SATOYAMAイニシアティブ』と名づけて世界に提案し、世界各地の自然条件と社会条件に適した自然共生社会を実現する」としている
[PR]
by gorira50505050 | 2013-11-13 17:24