「ほっ」と。キャンペーン

評判  口コミ  ロハス建材 手抜きなし


by ロハス建材八王子

<   2013年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

これはほんの100年ほど前の話ということですので、台風というのはわりと新しい言葉なのですね。
では、それ以前はどのように大きな熱帯低気圧のことを呼んでいたかと言いますと、暴風などと呼んでいたそうです。
みなさんもご存知のように、台風は、発生した順番に台風番号がついています
[PR]
by gorira50505050 | 2013-08-29 10:41
この台風ですが、どのような低気圧が台風と呼ばれているのか、みなさんはご存知ですか?
熱帯地方で発生した、低気圧のなかで東経180度より西の北太平洋、そして、南シナ海にて最大風速が毎秒17.2メートル以上になった低気圧を台風と呼びます。
では、この台風という言葉ですが、いつからこのような呼び名になったのでしょうか?
[PR]
by gorira50505050 | 2013-08-29 10:39
、第4代中央気象台長であった岡田武松さんが英語のタイフーンの訳語として使ったことが始まりです。
発達した熱制氏気圧のことを、英語のタイフーンに似せた言葉として、台風を使ったそうです。
私もそうでしたが、日本語の台風が先にあって、英語でタイフーンという言葉が出来たのかと勘違いしている人も多いと思います。
津波がTSUNAMIとして、世界共通語になっているように台風もそうかと勘違いしていました
[PR]
by gorira50505050 | 2013-08-29 10:39

ロハス建材   評判

ポイントは、どのような地形に建物が建っているのか、これで被害の大きさや、対策の仕方が大きく変わってくるのです。

では、一般的に見て、台風で強風が起こると予想される地域はどんな場所でしょうか?
まず、地形は傾斜の強い場所です。
そして、ひな壇になっている土地、崖の上など、一般に景色が良い、見晴らしの良い場所は台風によって強風が起こります。
また、風がよく通る谷合いや、風よけがない田園なども強い風の被害を受けるでしょう
[PR]
by gorira50505050 | 2013-08-07 20:06

ロハス建材

同じ地域であっても、内陸部は海岸沿いに比べて台風の風が弱くなります。
このように地理的理由によって、台風の勢力は違ってきますので、その被害の量も変わってくるでしょう。
そして、建物が密集して存在している場所では、建物などが台風の抵抗になるせいか、周囲に何もない一軒家よりも風はずっと弱くなります。
このことから、台風による被害、そして台風への対策は、建物の形や、建物の古い、新しいに関係するものではありません。
[PR]
by gorira50505050 | 2013-08-07 20:05