評判  口コミ  ロハス建材 手抜きなし


by ロハス建材八王子

<   2013年 04月 ( 94 )   > この月の画像一覧

ロハス建材

一方、ヨーロッパでは、アメリカでのロハスの取組みとほぼ時期を同じくして「サステイナブル」:"Sustainable"、あるいは「サステイナビリティ」:"Sustainability"という取組みが実践されてきました。
「サステイナブル」あるいは「サステイナビリティ」には、持続性とか、耐性、防衛力といった意味がありますが、現在では人間活動が生態系のなかで持続的に展開されること、環境維持の可能性、といった意味として解釈されています。

「ロハス」と「サステイナブル」の両者は、言葉の共通点だけでなく、その目的とする概念的部分においてもかなり似通ったところがあります。
ただ、アメリカで広まったロハスが開放的消費市場のなかで、一つのライフスタイルマーケットとして拡がったのに対して、殆ど同じ概念を合わせ持ちながらも、 ヨーロッパでのサステイナブルは、サステイナブル・シティといった再開発的な街づくりや一種の教育的思想として行政的、政治的手法のもとに展開され、成果を積み上げてきたという違いがあります。 とりわけ、北欧やドイツなどにあっては、環境保護思想の高まりを背景として、サステイナブルへの取組に一定の強制力を持った形で遂行されてきました。
複数の人種を包括する一国として揺るぎなき存在を世界に誇示してきたアメリカ、対して複数の国家が一つの経済圏として機能することを目指してきたヨーロッパ、この二つの土壌の違いが、ほぼ同様の目的意識を持ちながらも、その受け止め方と手法において微妙に異なる「ロハス」と「サステイナブル」という展開を為してきた所為かも知れません。
[PR]
by gorira50505050 | 2013-04-18 10:04

ロハス建材

「ロハス」または"LOHAS"は、"Lifestyles Of Health And Sustainability":「健康で持続可能なライフスタイル」の頭文字を組み合わせた言葉で、起源は、1998年にアメリカの社会学者ポール・レイと心理学者シェリー・アンダーソンによる消費者行動調査から提唱した"Cultural Creative":文化的創造性のある生き方(~をする人)、という考え方からはじまったものと言われています。
そして、その言葉の中には幾つかの望ましいライフスタイルを定義する概念が込められています。
例えば、日々の生活や暮らしにおいて自らの健康に配慮しながら、同時に自然保護や地球環境にも気配りをするといったライフスタイルのこと、またそれを実践すること、そうしたスタイルを取り入れている人たちのことも含めて「ロハス」とか、「ロハススタイル」あるいは「ロハス的な」などといいます
[PR]
by gorira50505050 | 2013-04-18 10:04

ロハス建材

擬石とは、
表面を小叩きや研ぎ出し仕上げにして天然石のように見せた人造石。

天然の岩石に摸倣して作ったコンクリート、又はモルタル製品で、テラゾーや人研ぎなどが擬石にあたります。

また、「擬岩(ぎがん)」とも言う。
[PR]
by gorira50505050 | 2013-04-17 23:20

ロハス建材

テラゾーとは、
白色セメントに主に大理石の種石を混ぜたモルタルを練り、表面を磨き仕上げた擬石で、大理石風の仕上がりとなります。

工場であらかじめ板石状につくったものを「テラゾーブロック」、規格寸法の正方形にしたものを「テラゾータイル」と言います。
[PR]
by gorira50505050 | 2013-04-17 23:19

ロハス建材

住まい関係では、建築工事費や設備、外構、設計・監理など、家づくりの始めから完成までにかかる初期投資費用のこと。
機能的に優れているものは、一般的にイニシャルコストは高いが、ランニングコストを抑える事が出来る場合がある。例えば、断熱工事等は初期投資費用が大きい分だけ、暖房費、冷房費の節約になるし、省エネ仕様の冷蔵庫等は購入費用は高いが、電気代が掛からない。
機能の導入には、イニシャルコストだけを考えるのではなく、ランニングコストと抱き合わせで考慮する事が望ましい
[PR]
by gorira50505050 | 2013-04-16 17:23

ロハス建材

キッチンのコンロ、給湯器、暖房などを全てガス、灯油等を使わず電気でまかなうシステム。
IHヒーター、電気給湯器、蓄熱暖房などがあたる。
初期投資が高くなるが、ランニングコストは下がる。これはオール電化契約によって夜間の電気代が大幅に下がるためで、給湯、暖房はこの夜間の安い電気を使用して蓄熱される。
また、火を使わないため安全性は高い
[PR]
by gorira50505050 | 2013-04-16 17:22

ロハス建材仙石敦嗣

紫外線(100~400nm)の波長による区分のひとつ。「B領域紫外線」あるいは「長中波紫外線」とも呼ばれる。太陽光(赤外線、可視光線、紫外線、X線など)のうち、可視域より短波長域で、X線より長波長域の光を紫外線と呼ぶ。可視域側のUV-A(A領域紫外線/315~400nm)と、短波長域のUV-C(C領域紫外線/100~280nm)の間の中波長域(280~315nm)をUV-Bと呼ぶ。
短波長の光線ほど生体への悪影響が強いが、一方で成層圏オゾンや大気圏で吸収され、地表に届く確率は小さくなる。UV-Bは、そのほとんどが成層圏オゾンにより吸収される波長帯であることから、オゾン層破壊等による紫外線照射に関する指標としても用いられている
[PR]
by gorira50505050 | 2013-04-14 20:13

ロハス建材仙石敦嗣

エチルターシャリーブチルエーテル(略号はETBE、化学式はC2H5OC(CH3)3)は、エタノール(C2H5OH)とイソブチレン(CH2=C(CH3)2)を反応させて合成される化合物で、オクタン価向上剤(アンチノック剤)として自動車ガソリンに添加されるMTBEと類似した特性・用途をもつ。
 フランスやスペインでは、バイオマス由来のエタノール(バイオエタノールと呼ばれる)を利用してETBEが合成され、ガソリンに混合して利用されている。二酸化炭素排出量の削減、石油依存度の低減という目的のほかに、自国の余剰穀物の活用対策という側面もある。フランスでは15%までETBEをガソリンに混合することが認められているが、実際の混合率は4%程度となっている
[PR]
by gorira50505050 | 2013-04-14 18:33

ロハス建材仙石敦嗣

オゾンの測定法の一つで、オゾンが254nm付近の紫外線に吸収のピークをもつことを利用した測定法。
[PR]
by gorira50505050 | 2013-04-14 18:33

ロハス建材仙石敦嗣

本条約は、25カ国以上が批准し、かつそれらの国の商船トン数の合計が世界の商船総トン数の25%以上となった日から12ヶ月後に発効する。
なお、日本国内では、TBT塗料・TPT塗料の製造・使用が諸外国に較べても早い時期に停止されていた。そうした背景のもと、TBT条約の採択について日本などが提案し、条約採択のための国際会議が開催されることになったという経緯がある
[PR]
by gorira50505050 | 2013-04-14 18:33