評判  口コミ  ロハス建材 手抜きなし


by ロハス建材八王子

<   2013年 04月 ( 94 )   > この月の画像一覧

ロハス建材

都市部の地面はコンクリートやアスファルトで覆われています。これらは日中に吸収・蓄積した日射熱を夜間に放出するため、熱帯夜も免れません。都心部のヒートアイランド現象はとどまることを知らず、このまま行けば2031年7月末夕方6時の気温が43.5度にもなると予想されています。都心化が進むにつれ、多くの緑が失われました。その代償として、私たち人間は今日も寝苦しい夜を過ごさなければなりません
[PR]
by gorira50505050 | 2013-04-24 14:27

ロハス建材

現状のままいけば、100年後には地球上から森林(熱帯林)がなくなるといわれています。森林がなくなるということは、今まで木々が行ってきた働きすべてが止まるということです。

水を蓄えられなくなると洪水やがけ崩れなどの災害が起こり、二酸化炭素が増えることで地球温暖化にも拍車がかかるでしょう。

さらに、木々がなくなると気温が上昇して砂漠化もすすみます。森林破壊はあらゆる環境問題と相互する・・・といっても過言ではありません
[PR]
by gorira50505050 | 2013-04-24 14:24

ロハス建材

球上にある陸地の約3割が森林とされ、そこは水を貯め込む“自然のダム”とも言われています。森林には地球上の生物種5~8割が生息し、病気に有効な微生物や菌類などもいるそうです。また、光合成(二酸化炭素を吸収して、栄養と酸素を作り出す)という大切な役割もあるでしょう。

そんな森林が今、人間の手によって失われつつあります。熱帯林では、毎年1,420万ヘクタールもの天然林が減少しているそうです。この面積は日本(本州)の約2/3ほどに相当し、また10秒ごとに東京ドーム1個分の森林がなくなる計算となります。なぜ、これほどまでに森林が破壊されているのでしょう?
それはすべて私たち人間の手によって指示され、行われていることなのです
[PR]
by gorira50505050 | 2013-04-24 14:23

ロハス建材

毎年ニュースなんかで気象状況を聞いていたりすると異常気象が起こっていると感じざるを得ないですよね。
この異常気象も地球問題の1つで有るのですが、先ずは異常気象と言う地球問題についてどういう物なのか挙げてみたいと思います。

そもそも異常気象の定義ですが、ちょっと雨の日が長く続くとか、ちょっと気温が低い日が続くとか、そんな事では異常気象だとは言いません。各地において雨や風、気温と言った気象に関わる事について今までの観測で1回位観測されたか全く観測されていない記録が出てしまった事を指しているのです
[PR]
by gorira50505050 | 2013-04-20 20:25

ロハス建材

本来は縁側の床の仕上げとして使われた板材。板敷きの部屋や廊下にも使われ、天井や壁に貼られる事もある。
サイズは幅8cm~12cm・厚さ15mm~18mm程度で長さが1.8m以上あり、本実加工されていて釘の頭が見えない。
現在では短尺のフローリングにとって変わられているのがほとんどである。
[PR]
by gorira50505050 | 2013-04-19 21:06

ロハス建材仙石敦嗣

換気の本来の目的である加熱調理により排出される油煙や二酸化炭素、煤、臭気、水蒸気などの排出は、それらの発生箇所によって異なる性質や量、時間などに応じて適切な区分と発生時に応答する換気が相応しいと考えられます。 さらに、本来の換気目的とは異なるものの、換気により排熱を行うためには、高温となった空気は上昇し、低温の空気は下降するという熱の性質を活かした換気設計が必要となります。
さらに、加熱調理室での適切な温度管理を図るためには、換気対策だけでは到底実現は出来ません。それには、空調によって必要とする温度・湿度を保つ必要があります。 しかし、これまでも述べてきたように、換気と空調の関係は互いの効果を相殺してより大きな負荷を発生しかねないことから、相互の機能において有効範囲を最大限に引き出すことの出来る「空調換気」を検討することとなります
[PR]
by gorira50505050 | 2013-04-18 15:25

ロハス建材仙石敦嗣

エアコンは、殆ど自動的に温度を一定に保つための機能が具えられていますから、温度変化に反応してより高い負荷状態での運転を続けることになり、エネルギー消費が一段と高まることは避けられません。
オープンスペース化と強力なエアコンによって、キッチンの劣悪な環境は大きく改善されつつありますが、それでも調理の度に、高いエネルギー消費を続けていることは改善されていません。

鍋などの調理具の外側(主に下部)から直火をあてて行う調理は、鍋のみを加熱するだけにとどまることなく、周囲に向けて多くの熱放散が伴います。また、炎は常に空気を必要としていますから、調理部分を中心にした熱対流が発生して、調理により排出される水蒸気や油煙などの微粒子はその対流にのってより広く拡散することにもなります。
[PR]
by gorira50505050 | 2013-04-18 15:09

ロハス建材仙石敦嗣

キッチンにおいても稀に独自の冷暖房設備を配するケースが見られますが、近年にあって、キッチンとダイニング・リビングの隔壁が取り払われたオープンスタイルや、カウンター付き収納だけで隔てたセミオープンスタイルの住宅が多くなっていることから、オープンスペースにおける全体の冷暖房設備という捉え方をするようになっています。

しかし、キッチン周りでは、調理による排熱や水蒸気による湿気の影響は多大で、冬などの寒冷期においてはさほど気にならないものの、夏の蒸し暑い季節にあっては劣悪な環境となります。オープンスペース内にはエアコンがあって可動しているものの、調理中は排煙、排熱のために強制換気をするため、冷暖房効果は大きく損なわれてしまいます。
[PR]
by gorira50505050 | 2013-04-18 15:09

ロハス建材仙石敦嗣

そこには、私たち人間の営みが連動しているのです。つまり、これも間接的ながら、強盗と同じ人災害であると言えるのかも知れません。
しかし、大気中のCO2のバランスがどうのこうのと言われても、ピンとこないのは何故なのでしょうか。
いつものように家を出て、一日の仕事をして再び戻ってみたら何と家は水の中に沈んでいた・・・となると、誰でも極めて深刻な事態を実感する筈です。そのとき、「デイ・アフター・トゥモロー」は単なるSFの世界ですよと言えるのでしょうか。
台風襲来や集中豪雨による災害では、原因を地球温暖化や地球環境問題にあるとして直ぐに取組む、などということは殆どなく、まず第一に目前のより現実的な対応として、被災者の避難先を確保しなければならないし、情報の伝達や危機管理のあり方、堤防の整備や排水などに取組まなければなりません。これがごく普通の緊急対策なのです。
その前に、北極や南極の氷が溶解して、私たちが日常生活を営む普段の場所が、水浸しになってしまうなどと誰も想像し難いのです。
実際、海に浮かぶ氷が融けても、海水面の上昇とはならなく、むしろ陸地の氷(氷土)などが融けることの影響が大きいでしょう。
[PR]
by gorira50505050 | 2013-04-18 14:35

ロハス建材

わが国では、一時期において流行り言葉のように使われてきた「ロハス」と「サステイナブル」ですが、長引く経済の低迷や未曾有の自然災害などを経て、現在は、理想ではあるものの、直接の経済性とは乖離したものとして捉えられがちでもあり、少し希薄化の傾向が見られるようです。
果してこの先、この二つの言葉というか、概念は、わが国でどのように解釈され、受けとめられていくのか、まだまだ未知数なところが多く残されています。
「ロハス」、また「サステイナブル」を単なる流行り言葉として使い、時の経過と共に忘れ去られていく一過性のものとするのか、あるいは生活や経済活動のなかに浸透しかつ定着して活かされていくのかは、いまの私たち一人ひとりの認識と行動に委ねられているのかも知れません
[PR]
by gorira50505050 | 2013-04-18 10:05