評判  口コミ  ロハス建材 手抜きなし


by ロハス建材八王子

<   2013年 04月 ( 94 )   > この月の画像一覧

液状化現象を防ぐ

日本の建物は耐震設計を施していますから、直下型地震での被害はそれほど大きくありません。
結果として液状化現象による被害の方が大きくなるのです。
東日本震災では津波による被害が大きかったために液状化現象の被害は注目されていませんでした。
津波被害の状況把握が一段落したところで、千葉県内の液状化が注目されているのです。
[PR]
by gorira50505050 | 2013-04-25 19:54

ロハス建材 仙石敦嗣

されているのです。
津波に対する対策は個人的には難しいですから、国が率先して行うことになります。
したがって、家を建てる時には耐震構造と液状化対策を行うことになります。
液状化現象のメカニズムはよくわかっており、その対策も確立しています。
基本的には砂を押し固めることによって液状化現象を起こさないようにします。
もちろん、どの程度の深さまで行うかとか、強度をどこまで持たせるかによって少しずつやり方が異なってきます。
[PR]
by gorira50505050 | 2013-04-25 19:54

ロハス建材  仙石敦嗣

サンゴが白くなるのは、褐虫藻がサンゴからはじき出されてしまう、周辺の環境が生息できない状態になってしまうなどといったことが原因です。
サンゴから褐虫藻が追い出されるのは、サンゴ自体に強いストレスが加わると起こる現象です。
現在までにも、海水が酸性になってしまうといった水質汚染や不法投棄、人口建造物などによる環境の変化がサンゴの強いストレスを与えると、サンゴは共生している褐虫藻を追い出してしまうことがあります。
[PR]
by gorira50505050 | 2013-04-25 10:25

ロハス建材  仙石敦嗣

珊瑚の白化現象主にサンゴの海水温度の変化や紫外線の変化、塩分濃度の変化、生態系破壊による食物連鎖の変化などによるストレスが原因といわれており、環境破壊のいくつもの要因がサンゴの白化現象を引き起こしますが、主な要因は下記の二つが大きな理由となっています。
[PR]
by gorira50505050 | 2013-04-25 10:25

ロハス建材仙石敦嗣

栄養化というのは、水中の肥料分(窒素化合物やリンなど)の濃度が上昇することで、富栄養化の要因は下水・農牧業・工業廃水、石っけんに含まれているリンなどが原因で、水中の栄養塩濃度が増加してしまうことをいいます。

 富栄養化が進行した水域では、肥料分や栄養塩が豊富に存在する為、日光の当たる水面付近では光合成に伴う一次生産が増大し、特定の植物プランクトンが急激に増殖してしまいます。さらに、それを捕食する動物性のプランクトンも異常に増えてしまいます。これらのプランクトンが異常繁殖することにより、水面にプランクトンの膜ができます。それぞれ、繁殖するプランクトンにより、色が異なっており、赤色のものを赤潮、青色のものをアオコ、などとよんだりします。
[PR]
by gorira50505050 | 2013-04-24 16:39

ロハス建材仙石敦嗣

 酸性雨は、森林を枯らしてしまいます。とはいっても、雨が酸性を帯びており、直接溶かしてしまう、というわけではありません。土壌には様々な物質が含まれており、多少の酸性雨であれば中和してしまう、ということがわかっています。つまり、自然には本来酸の中和能力が備わっている、ということです。たしかに、通常の雨でさえ、若干酸性なのですから、中和する能力がないと、自然は人間活動に関係なく、酸性化していくはずですが、実際にはそうなりません。しかし、継続的に酸性雨が降り注げば、自然本来の中和能力を超えてしまい、土壌には中和能力がなくなってしまいます。土壌が酸性化しますと、土がやせてしまいますし、土壌い含まれている有害な金属が溶け出し、植物の根に悪影響を与えます。土壌微生物も死滅してゆき、こうして、森林は生態系の崩壊をまねいてゆきます。このようにして、森林はかれてゆくのです
[PR]
by gorira50505050 | 2013-04-24 16:38

ロハス建材仙石敦嗣

 水・・・。日本で暮らしていると、水は自由に、好きなだけ使うことができます。昔から、日本人にとって水は当たり前の存在でした。「湯水のように使う」という言葉が示すとおり、好きなときに好きなだけ使うことのできる、当たり前のもの、それが水です。しかし、それは日本が水に恵まれ、降水量の多い地域にあるからです。世界中には水資源が少なく、とても大切にしようする地域もあります。

実は、21世紀は水をめぐる戦争が起きる、ということをいっている人もいます。世界の人口は増え続けていますが、工業化、農業の生産力増加につれ、水は今まで以上に使われています
[PR]
by gorira50505050 | 2013-04-24 16:23

ロハス建材仙石敦嗣

個人で気をつけたいエネルギーの使用法としては、やはり省エネルギーがあげられます。たとえば家庭で無駄な電力消費をしている、というのはよくありがちですが、これらにしてもかなり気をつけることができます。環境に、エネルギーにやさしいだけでなく、家計にとってもやさしいというメリットがありますので、ぜひとも各家庭で取り組まれることをおススメします。

待機消費電力(使用しない家電のコンセントをぬくなど)や、冷暖房の温度設定にしても、寒ければ厚着をしてみる、寒ければ一枚薄着に変えてみる、など、色々と考えられるはずです。やはり、個人レベルでライフスタイルを見直してゆくことが必要になっているといえるでしょう
[PR]
by gorira50505050 | 2013-04-24 16:23

ロハス建材

京都や兵庫県ではビルの屋上緑化を義務付け、それに対して助成金も支給しています。
小さなことからコツコツと・・・という人には、打ち水がオススメです。風呂の残り湯などをアスファルトにまくと、その部分だけ気温が下がります。

2003年からは、「打ち水大作戦」というイベントも開催されるようになりました。大勢の人が一斉に打ち水をして、気温を下げようという趣旨のイベントです。1人1人の小さな行動が大勢の人を巻き込み、やがて大きな力となります。その時、私たちは地球規模の大きな問題に立ち向かうことが出来るでしょう。
[PR]
by gorira50505050 | 2013-04-24 14:28

ロハス建材

ヒートアイランド現象の対策として、今最も注目されているのは「屋上(または壁面)緑化」です。照り返しやコンクリートの蓄熱を抑えるだけでなく、蒸散作用によって気化熱を奪い温度を下げる効果もあります。また、大気汚染の浄化などにも効果を発揮するでしょう。

東京都や兵庫県ではビルの屋上緑化を義務付け、それに対して助成金も支給しています。
小さなことからコツコツと・・・という人には、打ち水がオススメです。風呂の残り湯などをアスファルトにまくと、その部分だけ気温が下がります
[PR]
by gorira50505050 | 2013-04-24 14:27