「ほっ」と。キャンペーン

評判  口コミ  ロハス建材 手抜きなし


by ロハス建材八王子

カテゴリ:未分類( 647 )

フロンティア(辺境)を無限に拡大することによって、永続的な人類の発展が可能になるという倫理。人間が自然の支配者であり、自然は人間の欲望を満たすための手段とみなす人間中心的な倫理観(人間中心主義)。
バイソンを絶滅させたアメリカのカウボーイなどをはじめ、全史を通じて、人類は欲望のために資源を略奪してきた。こうした行為は「野蛮な」ものを支配するための「聖戦」として、崇め、尊敬された。
このような倫理観は、近代以降の急速な経済的拡張という人間の目標に役立ち、豊富な資源と際限のないフロンティアが存在する間はうまくいっているようにみえた
[PR]
by gorira50505050 | 2013-12-01 17:25

環境倫理学においては

人間と自然の関係についての道徳的なあり方を考える学問。
加藤尚武(現・鳥取環境大学学長、1937~)は、環境倫理学の主張を、(1)自然の生存権、(2)世代間倫理、(3)地球全体主義 の3つに整理している。さらに、加藤尚武によると、環境倫理学は、従来の意思決定の枠組みを問い直すものであると位置づけられる。
例えば、正義、権利、平等、自由、個人主義、近代化、進歩主義、保守主義、民主主義など、我々が当然としている概念が、環境倫理学においては根本的な疑問にさらされると主張する
[PR]
by gorira50505050 | 2013-12-01 16:30

ロハス建材

大洋上にあって、過去に大陸と地続きになったことがない島。「大洋島」、「洋島」ともいう。「大陸島」の対義語。代表的なものにハワイ諸島やガラパゴス諸島がある。島の成因によって、「火山島」と「珊瑚島」に分けられる。
海洋島には、風に乗って分散できる生物と、自力で飛翔移動ができる生物、海流によって漂着した生物だけが生息・生育している。これらの生物が大陸と隔離されたまま独自の進化を遂げてきているため、固有の生物相がみられる。日本の代表的な海洋島は小笠原諸島で、陸上植物の約4割、陸鳥のほぼ全て、陸産貝類(カタツムリ類など陸域を主な生活空間とする貝類)の約4分の3が小笠原諸島の固有種となっている
[PR]
by gorira50505050 | 2013-12-01 16:29
光化学スモッグが含まれる大気汚染では目、口、鼻等に刺激が感じられることに関して刺激症状が出てくる事例が有ります。
目が痛い、かゆい、喉が痛い、鼻が痛いなどの症状を感じます。
これがひどくなると痙攣症状が出ることもあります。

その他の代表的な症状としては喘息が挙げられます。
大気汚染による喘息が深刻な問題となったこととして、象徴的できごとは四日市市の四日市喘息です。
大気汚染が最も酷かったのは1960年代、日本は高度経済成長の真っただ中であり、急激に成長する産業の陰に大気汚染が潜んでいたのでした。
[PR]
by gorira50505050 | 2013-11-28 18:49
大気汚染が原因で引き起こされる健康被害には、喘息、目の痛み、喉の痛み、痙攣等、様々なものがあります。
実に色々な被害があることが分かります。

これらの症状はどういった場合にどの症状が出るのかということが大体わかります。
つまり、大気汚染に含まれる有害物質が何であるかによって症状が変わるのです。

それでは健康被害についてみていきましょう
[PR]
by gorira50505050 | 2013-11-28 18:48

ロハス建材

「中皮腫」と言う病気が有ります。
アスベストによる健康被害の代表的な病気と言っても良いみたいです。
中皮腫と言う病気、胸膜や腹膜、精巣の膜、心膜等に出来てしまう悪性のがんの事を指しています。
この中皮腫と言う病気、アスベストを吸い込んでから潜伏期間がとても長くて30~50年程だと言われています。
肺がんやアスベスト肺と言う病気もアスベストの健康被害の一つですが、これらの病気よりも短い期間、少ない量のアスベストで発症すると言う怖い病気なのです。
また怖い事にこの中皮腫と言う病気、吸い込む人の年齢が若ければ若いほど、発症する可能性が高いと言われています。
[PR]
by gorira50505050 | 2013-11-28 17:52

ロハス建材

アスベストによる健康被害であるアスベスト肺は吸い込んだら直ぐに症状が出てくる訳では有りません。
10年未満で発症する事は先ず無いと言われていて、10~20年と言う長い潜伏期間を経て症状として現れる様になってくる様です。
一度症状が発症したら完治する事はあまり無く、根本的な治療方法もいまだ解明されていない状況で有る様です。
アスベストによって起こる健康被害は重大な物だと言う事がお分かりいただけると思います。
[PR]
by gorira50505050 | 2013-11-28 17:52
粒子性有機態リンは藻類などの体内に取込まれた状態で粒子として存在し、溶解性有機態リンは水に溶解している状態で存在する。
全リンは河川には環境基準値がなく、湖沼・海域に定められている。富栄養化の目安としては、0.02mg/L程度とされている。
[PR]
by gorira50505050 | 2013-11-24 06:25
富栄養化の結果として海水が青色ないし白濁色を呈する現象。
海水が富栄養化するとプランクトンが大量発生することがある。この大量のプランクトンが死滅すると下層へ沈殿し、底層で生分解される過程で酸素が消費され、貧酸素水塊ができる。青潮は、この貧酸素水塊が強風の際などにおこる湧昇現象によって、岸近くの水の表層に上昇したものである。しばしば低層の嫌気分解で生じた硫化水素等を含むため、大気中の酸素と反応して青色ないし白濁色を呈することとなる。主として東京湾で発生することが知られている。
赤潮同様に魚介類の大量死を招き、アサリが死滅する等の被害が出たことがある。
青潮防止のためには水域に流入する窒素、燐を削減する等の富栄養化防止対策が必要である。
[PR]
by gorira50505050 | 2013-11-24 06:25
リン化合物は窒素化合物と同様に、動植物の成長に欠かせない元素であるが、水中の濃度が高くなってくると水域の富栄養化を招くことになる。
全リン(総りんともいう)はリン化合物全体のことで、無機態リンと有機態リンに分けられる。無機態リンはオルトリン酸態リンと重合リン酸に分けられ、有機態リンは粒子性有機態リンと溶解性有機態リンに分けられる。重合リン酸はリン酸が多数重合した形態でメタリン酸、ピロリン酸等で、人為的影響が強く、分解され最終的にはオルトリン酸態リン
[PR]
by gorira50505050 | 2013-11-24 06:24