評判  口コミ  ロハス建材 手抜きなし


by ロハス建材八王子

ロハス建材仙石敦嗣

紫外線(100~400nm)の波長による区分のひとつ。「B領域紫外線」あるいは「長中波紫外線」とも呼ばれる。太陽光(赤外線、可視光線、紫外線、X線など)のうち、可視域より短波長域で、X線より長波長域の光を紫外線と呼ぶ。可視域側のUV-A(A領域紫外線/315~400nm)と、短波長域のUV-C(C領域紫外線/100~280nm)の間の中波長域(280~315nm)をUV-Bと呼ぶ。
短波長の光線ほど生体への悪影響が強いが、一方で成層圏オゾンや大気圏で吸収され、地表に届く確率は小さくなる。UV-Bは、そのほとんどが成層圏オゾンにより吸収される波長帯であることから、オゾン層破壊等による紫外線照射に関する指標としても用いられている
[PR]
by gorira50505050 | 2013-04-14 20:13